平成3年生まれの新米パパ。
平成最後の8月に初の我が子が生まれ育児に励んでいるつもりです。
育児の記録、育児用品のレビューなどを主に趣味を交えてブログを書いていきます。

ミッキーマウス・テイクアロング・ソングス・ロッカー使用感

商品レビュー

以前購入したロッカーについて

使用感を書いていきたいと思います。

 

ロッカーについて

価格:10,767円(Amazonの値段を参考)

大きさ:幅68×奥行き50×高さ65cm

製造:中華人民共和国

素材:脚は鉄製、座面は布、各部パーツはプラスチック製

電源:ミッキーのおもちゃ(単3電池2本)、バイブレーション(単2電池1本)

耐荷重:18kgの子どもまで使用可能

 

 

ゆらゆら揺れて子どもをあやしてくれます。

脚を立てることにより固定され椅子のように使用できます。

 

座面は2段階に角度を変えることができます。

首がすわるまでは寝かせて使うような感じになるかと思います。

また使用中に子どもが寝てしまった時あ座面を倒すことにより

ほぼフラットになるため寝やすくなります。

 

角度の変更は左右についている

緑色のレバーを引きながら調整します。

 

肩ベルトと腰ベルトは一つにまとめられており

それぞれを切り離すことはできませんが

腰ベルトのみ簡単に伸ばしたりできます。

 

肩ベルトは3段階に調節可能

子どもの成長に合わせて肩ベルトの高さを変更します。

調整方法は肩ベルトを穴に通し裏面のバックルに通します。

 

付属しているおもちゃは

ドナルド、プルートはくるくる回ります。

ドナルドは中に細かなボールが入っており動かすとカラカラと音がなります。

プルートは両面ともに鏡になっています。

センターのミッキーのものは光りながら音楽がなるものです。

 

ミッキーのおもちゃは簡単に取り外すことができ

外出先にも持っていけるような仕様になっています。

電源のスイッチで音量を2段階に調節可能

モードは3種類あり

1、30分間音楽がなり続けるもの

2、振動を与えるたびに短い音楽が流れるもの

3、白色のボタンを押すたびに短い音楽が流れるもの

となっています。

 

実際に光っている状態です。

 

座面の下部には振動する機械がついており

電源を入れると振動し子どもに適度な振動を伝え

安心させるようです。

 

 

使用感・印象

購入して開封した際の印象は

「なんか安っぽくないか?」

というところです。

 

Amazonの値段を参考にすると1万円を超えるものになりますが

それにしてはパーツの作りなどが結構甘い。

海外製だなぁって印象を強く受けました。

 

また購入後自分で組み立てるのですが

脚のパイプとプラスチックのパーツを組み合わせるのが

結構辛い手伝ってもらった方がいいレベル

座面の布をつけるときもギリギリで

破けるんじゃないのかってくらい引っ張ります。

 

揺れないように固定する足も動かすと

プラスチックのパーツが割れそうになる

結構気になるところいっぱいな感じでした。

 

 

子どもの反応

作りについてはボロクソに文句を言いましたが

子どもの反応については

めちゃくちゃ喜んでいる!

 

布が張ってあるだけの座面は例えるならハンモックのようになっていて

赤ちゃんは包まれるような感じになり安心するよう。

 

音が鳴るおもちゃも結構気に入ってるようで

叩くと鳴るということを理解してニコニコしながら遊んでます。

 

おもちゃのついているバーも簡単に取り外しができるし

乗せるおろす動作も気になりません。

 

 

 

イマイチな部分

親からの目線でイマイチな部分をいくつかあげます。

 

まず作りが甘く雑に感じるところ。

私はセールで半額で購入できたため受け入れますが

1万円以上出して買うにはなかなかの作りの雑さ。

使用して子どもが喜ぶまでは「大丈夫かこれ」って感じでした。

 

おもちゃの電飾が強めに感じる。

子どもが寝れているところの目線から見ると

光が強く感じ子どもの目に影響がないのか心配になる感じ。

 

バイブレーションに関しては

使用して意味があるのかどうかすらわからない。

 

とそんなところでしょうか。

 

 

 

まとめ

我が家は子どもが喜んでくれたので

結果的に買ってよかったなと感じています。

 

なんども書きましたが

作りがっけこう甘く感じますので

そこらへんを気にしなければいいかもしれません。

 

参考にしていただけたら幸いです。

 

コメント